2017年12月14日

ゴディバ(Godiva)

ゴディバは1926年ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立しました。

1958年パリに販売店を開いて海外進出し、1966年にはキャンベル・スープ・カンパニーの支援を受けてアメリカにも進出しました。

1972年にキャンベル社が買収し傘下となっていたが同社の経営戦略にそぐわない事などから、2007年12月にトルコの企業・ユルドゥス・ホールディングス(同国最大の食品企業「ウルカル・グループ」の親会社)に売却すると発表しました。


店舗展開は国際的で、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに270店舗以上の専門店を持ち、北アメリカだけで1000店舗以上の販売店を展開しています。

また年6回発行されるカタログや、インターネットなどでの通信販売も手掛けていて、日本では片岡物産が取り扱っています。


主な販売商品としてはチョコレートをメインとして扱っているが、チョコレート以外の菓子、コーヒー、ココア、アイスクリーム、リキュール、ギフトセットなども販売している。期間限定の商品も多いです。

ゴディバのチョコレートは、高品質の材料を独自の製法で作っているため、ほかのチョコレートと比べると非常に高価格で販売されています。

そのために、ゴディバのチョコレートは高すぎるとの批判もあんです。

私は好きですが・・・

posted by さら at 07:17| 人気商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブランデー

ブランデーは、果実酒からつくった蒸留酒の総称です。

ピンキリですから。品質をよく確認しましょう。


主に白ブドウのワインを蒸留して樽に入れ、熟成して製造します。

単にブランデーと言った場合は通常ブドウが原料のワインを蒸留して作られたものを指すが、リンゴから作ったアップル・ブランデーやサクランボから作ったキルシュヴァッサーも存在します。

アルコール度数は40度弱から50度程度です。

歴史的には、7、8世紀ころより、スペインでワインを蒸留していたと言われてます。

15世紀には、フランスのアルマニャック地方やコニャック地方で生産が始まり、この地方のブランデーは現代では世界的に知られています。

1713年にはルイ14世がフランスのブランデーを保護する法律を作りました。

それ以後、ヨーロッパ各国の宮廷に取り入れられ、「王侯の酒」の地位を得ていきました。

ワイン王国でもあるフランスがブランデーの生産国として有名であるが、ワインの生産国はいずれもブランデーを生産しています。

なお、フランスでは「コニャック」、「アルマニャック」という名称の使用は1909年以降は法律で厳しく制限されています。

それ以外のブランデーは、たとえフランス産であってもコニャックやアルマニャックとは名乗れないため、フレンチブランデーとしか名乗ることはできません。


主なブランドとしてはカミュ、レミーマルタン、ヘネシー、マーテル、オタールなどが有名である。日本国内で製造している主要企業としては、サントリーやニッカウヰスキーなどがあります。
参考:wikipedia





posted by さら at 07:17| 【ブランデー】ブラー XO  700ml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピエールカルダン

有名ですね。

1945年、パリに移り建築家を目指したが、パカンのブティックでいろいろな人脈が出来、ファッションの道へ進む。

クリスチャン・ディオールの独立時立ち上げに参加。

1950年より自らのアトリエを開始し、1953年にはオート・クチュールも始めた。

カルダンはアバンギャルドなスタイルで、宇宙時代的なデザインで有名となる。

幾何学模様や形を好み、女性的な形状を無視することも多かった。

ユニセックスなスタイルにもすすみ、実験的であり、実用的ではないものも多かった。

1954年には、「バブル・ドレス」を発表した。日本に注目した初めてのオートクチュールのファッション・デザイナーであり、1959年には日本をオートクチュールの有望市場として訪れている。

1959年には百貨店プランタン向けにプレタポルテのコレクションを発表し、新しい時代の流れをつくった。

1971年には自らの作品を発表する場として、パリに「エスパス・カルダン(Espace Pierre Cardin)」を開き、その他の芸術の発表の場にも使用した。

女優ジャンヌ・モローと同棲していたことがあり、日本人ショーモデルの松本弘子とパートナーであった時期もある。

「ピエール・カルダン」はオートクチュール及びプレタポルテの世界的ブランドとして人気を博し、世界各国で事業活動を行っている。

日本では、1997年よりピエール・カルダン・ジャパン株式会社が当該ブランドのライセンス事業を行っている。三井物産が経営の中核を運営している。

1981年はレストラン「マキシム(Maxim's)」のオーナーとなり、ロンドン、ニューヨーク、北京に支店を開業した。

1991年よりユネスコ親善大使として、チェルノブイリ被害者救済とその他の人道的プログラムにも尽力している。

各国より数々の勲章等を受勲。日本では勲二等瑞宝章受勲。
参考:wikipedia

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。